サービ付き高齢者向け住宅の建設補助金額は、下記を参考にしてください。

申請する年度によって変更があります。

毎年、5月か6月には交付申請要領が発表されますので、確認して申請してください。

 

  1. 新築工事に係る費用の1/10かつ1住戸あたり120万円以内(夫婦型 135万円以内,25㎡以下110万円以内)
  2. 改修工事に係る費用の1/3かつ1住戸あたり150万円以内、別途エレベーター新設及び改修等の費用も補助があります。
  3. 高齢者生活支援施設:拠点型1,200万円/施設、一般型1 000万円/施設
  4. 制度の趣旨に照らして、華美・過大な付加価値的設備について補助対象外とする(例:岩盤浴、サウナ等)
  5. 居室面積が25㎡未満の住戸について補助限度額を120万円/戸から110万円/戸に切り下げる
  6. 家賃30万円/月以上の住戸を、補助対象から除外する

 

以上、4から6については、平成29年度から追加されています。

 

年々、補助額が削減されるようになりましたので、建設するなら早い方が補助額は大きいと推測されます。

サービ付き高齢者向け住宅登録申請