事業の趣旨

サービス付き高齢者向け住宅整備事業は、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができる住まいを確保するため、バリアフリー構造等の高齢者にふさわしいハードと安心できる見守りサービスを備えた「サービス付き高齢者向け住宅」や併設される高齢者生活支援施設に対し、当該整備に要する費用の一部を補助するものです。

 

具体的補助額(簡易版)

〇補助の対象

登録されたサービ付き高齢者向け住宅等

 

〇補助額

建設費の10分の1 改修費の3分の1

 

〇主な要件(詳細は別ページで)

  • サービ付き高齢者向け住宅に10年以上の登録
  • 家賃が近傍同種住宅の家賃とバランスがとれていること
  • 家賃等の徴収方法は前払い方式に限定されないこと
  • 事業資金の調達が確実であること

 

その他、税制や融資においても優遇があります。

政府が政策的に建設を後押ししていますので、参入するなら今なのかもしれません。

なお、補助金はいつ終了するかは、わかりません

 

補助金申請