サービス付き高齢者向け住宅の設備と基準

サービス付き高齢者向け住宅の規模と設備基準ですが、

 

1、各専用部分の床面積は、原則25㎡以上

ただし、居間、食堂、台所そのほかの住宅部分が高齢者が共同して利用できる十分な面積がある場合は、18㎡以上で可

現状では18㎡の居室が多いと思われます。

この点、有料老人ホームの基準が13㎡以上ですので、少し広い感じになります。

 

2、専用部分に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたもの

ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えることにより、各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備または浴室を備えずとも可。

現在は、概ね、個室に浴室まで備えている住宅は少ないです。

 

3、バリアフリー構造であること

詳細に図面の確認、修正があります

 

サービス付き高齢者向け住宅のサービス

・必須サービス
  • 安否確認サービス
  • 生活相談サービス
ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、上記サービスを提供します。

【ケアの専門家】

社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員
医師
看護師
介護福祉士
社会福祉士
介護支援専門員
介護職員初任者研修課程修了者など
 

・オプションサービス

  • 食事提供サービス
  • 入浴介護サービス
  • 家事サービス
  • 健康維持増進サービス
  • その他

以上のオプションサービスについては、各施設によって差があります。
料金体系についても、さまざまです。