サービス付き高齢者向け住宅とは何か

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅等の住まいのことです。

生活支援や相談サービスが付属していて、介護サービスが必要な場合は外部のホームヘルパーなどを利用します。

入所契約は賃貸借契約であるため、高額な入居一時金は必要なく、一般の賃貸借契約のように敷金・礼金等が必要になります。

なお、介護保険上の特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設は、介護サービスも提供してくれます。

 

サービス付き高齢者向け住宅の増加

サ高住は平成23年に制度化されてから、急増しています。

平成31年1月末時点で、7,230等、約24万戸が整備されています。

平成23年の開始年度が約1,000棟、約3万戸ですから、実に約7~8倍の伸びです。

なぜなら、後述の補助金や税制上の優遇がありますので、今なら建設費や運営費を非常に節約して建設できます。

また、人材確保においても、介護業界は各種補助金が支給されます。

介護保険事業と併設することで、安定した、高収益事業の実現が可能です。